お手伝いが必要なお客様

ホーム > サービスガイド > その他のサービス > お手伝いが必要なお客様
幼児連れの顧客 体の不自由な顧客 妊婦の顧客
幼児連れの顧客
  旅行前の確認事項
    • 旅行可能な幼児 : 生後 7日以上
• 幼児の航空料金
  - 国際線 : 大人の正常運賃の10%
  - 国内線 : 無料
幼児は保護者と一緒に着席して、 別途の座席は提供されません。
小児運賃で航空券を購入した場合、 大人と同一な座席が提供されます。
1人の乗客が 2人以上の幼児づれの場合、 1人以上追加される幼児は小児航空券を購買すべきであり、 小児運賃が適用された幼児には座席が提供されます。
  手荷物の準備
    • 幼児と一緒に旅行する場合、手荷物を追加で持って行くことができ ます。詳しい事項は下の表を参考にしてください。
   
手荷物の準備

国際線

国内線

折りたたみ式ベビーカー、 手車、 幼児運搬用カゴ、 幼児用カーシートの中で 1つ

横x縦x高さの合計が 115cm 以下、
10kg 未満の手荷物 1個

-
 

ベビーカーの利用案内

   

• 機内搬入可能なベビーカー
  - かごと蓋のない折りたたみ式ベビーカー

上記の規格以上のベビーカーは搭乗手続きの際、または搭乗ゲートまで使った後、委託手荷物として送らなければなりません。
• 送られたベビーカーの受取方法
   - 着地搭乗ゲートの前で受取可能
    (ただし、海外空港の事情によって搭乗ゲートの前でベビーカーの受取が不可能な場合があります。)
歩行に不自由な顧客のためのサービス
  ジンエアー車椅子
    • 歩行の不自由な方には空港出到着の時に航空会社で提供する車椅子を無料でお貸しします。
  - 国際線は予約する時、車椅子が必要なお客様の健康状態を知らせ、車椅子を申し込んでください。
  - 国内線は出発当日、搭乗手続きの時、スタッフにお知らせください。
  搭乗顧客本人の車椅子
      - 本人の車椅子で旅行する場合、 航空機搭乗ゲートまでお客様本人の車椅子を利用することができますし、搭乗ゲートでは      車椅子を手荷物用として別途搭載します。
  - 到着地搭乗ゲートから車椅子が使えるように先にご案内します。
  - 電動車椅子の場合、特別措置が必要なので必ず顧客センターにお問い合わせください。
     また、車椅子サービスをご利用のお客様はサービス申し込み及び空港内の移動時間などを考慮し搭乗手続きカウンター      により早く(例 : 国際線出発 2時間前、 国内線出発 1時間前) 到着してください。
お体の不自由なお客様への手伝い
  ジンエアーでは特別なサポートが必要なお客様に様々なサービスをご用意しております。特別なサポートはオンラインリクエストフォームよりお手続きが可能です。
リクエストフォームはご利用になる便の出発予定時刻より48時間前までにお送りください。指定時間以降はサービスをご利用いただけません。
    • 特別なサポートの詳細:車椅子の介助、優先的な座席の確保、視覚障がいをお持ちのお客様のエスコート、補助デバイスの機内への持ち込み、その他の障がいをお持ちのお客様向けの特別なサポート。
  車椅子の介助に関する詳細情報
    • ジンエアーの車椅子サービス:お身体の不自由なお客様には、無料で車椅子の貸し出しを行っております。
- 国際線:ご搭乗になるお客様の健康状態をあらかじめ予約スタッフにお知らせください。
(オンラインリクエスト:マイページ>予約の確認>変更/払い戻し>詳細>車椅子の順にクリックします)
- 韓国国内線:チェックインカウンターにて車椅子のご利用をお申し込みください。
    • 個人所有の車椅子について:飛行機の入口までご自身の車椅子をご利用いただけます。その後、車椅子はお預かりし、別途貨物室に積み込みます。
- 航空機が目的地に到着し次第、優先的に車椅子を航空機の出口までお持ちします。
- バッテリー搭載型の車椅子をご利用の方は、事前に、予約サービス担当者に特殊な取り扱い方法についてお知らせください。また、車椅子をリクエストされるお客様は、出発予定時刻に充分な余裕をもってチェックインカウンターへお越しください(国際線:2時間前、国内線:1時間前)。
妊婦の顧客
  妊婦の旅行の可否
    • 妊娠期間および妊娠状態(単胎または多胎。多胎妊娠とは双子以上をさす)により航空旅行の可否が異なることがござい
  ます。特に多胎妊娠の場合、国際航空運送協会の妊婦搭乗ガイドライン(IATA medical guideline 3rd edition)により
  産婦と胎児の健康と安全な航空旅行のために、やむを得ず単胎妊娠と搭乗基準が異なる点をご了解ください。 ただし妊娠
  合併症(妊娠性高血圧、妊娠性糖尿、産科的出血など)が伴ったハイリスク妊娠のお客様の場合は別途の基準が適用さ
  れます。
妊娠期間別の旅行が可能かどうかを確認し、表
妊娠期間(搭乗日基準) 航空旅行の可否
単胎妊娠 多胎妊娠
32週未満 32週未満 • 特別な手配は必要ありません。
• ただし、妊娠による合併症(高血圧、糖尿、産科系出血など)がある場合は、診断書と誓約書をチェックインの際にご提出いただく必要があります。
32週~36週 32週 • ご予約時に妊娠期間と出産予定日をお知らせください。
• チェックインの際に誓約書をご提出ください。
37週以上 33週以上 • 妊婦と胎児の健康と安全な航空旅行のために、航空旅行は禁止されております。
妊婦のお客様の旅行準備
  • 安全なご旅行のために予め準備が必要な書類は以下の通りです。
 
妊婦のお客様の旅行準備
対象者 必要書類 必要部数 備考
• 単胎妊娠 32~36週
• 多胎妊娠 32週
• 健康状態の確認誓約書 2部 • ジンエアーが提供する様式を使用
• 搭乗手続き時に提示
"健康状態の確認誓約書"
• 妊娠期間に関係なく妊娠合併症を伴うハイリスク妊娠のお客様 • 妊娠中の航空旅行に関する健康診断書
• 健康状態の確認誓約書
1部 • ジンエアーが提供する様式を使用
• 搭乗手続き時に提示(お問い合わせ:カスタマーセンター82-1600-6200 )
"妊娠中の航空旅行に関する健康診断書"
      ※ 妊娠合併症: 妊娠性高血圧、妊娠性糖尿、産科的出血など
機内での注意事項
• 飛行中、機内気圧は地上に比べてやや低いが、一定水準に調節されるので健康なお客様に大きく影響することはありません。しかし、機内客室気圧の低下によって腸内ガスがやや膨脹するので特に妊婦に腹部圧迫が与えられるガス生成食品(コーラ、サイダーなどの炭酸水) 及び食べ過ぎは避けた方が良いです。
• 航空機の飛行中、異常気流によって突然の航空機の揺れ(Turbulence)が生じられるので機内で移動する場合、 航空機の動揺に気を付けて座席に座っている間は常にシートベルトを着用して下さい。
シートベルトを締める時は最大限安全を考慮して骨盤と大腿上部が不便を感じないよう着用して下さい。