機種紹介

ホーム > 会社紹介 > 機種紹介
シートマップはこちら B777-200ER (新しいウインドウを開く) シートマップはこちら B-737-800 (新しいウインドウを開く)

B777-200ER (Scale = 1:400)

B777-200ERは1995年以来現在まで多数の大手航空会社で運航中の安全性が検証された航空機であり、韓国国内のLCCでは、ジンエアーが最初に導入し、運航しております。B777-200ER航空機は、市場の需要と顧客の欲求を最大充足できるようにデザインされ、客室の空間を広げながらも運航費用を大幅に減少させるB777モデルに航続距離をさらに延長させたモデルです。最大440席を装備して長距離路線を運航できる最先端の航空機です。

ジンエアーB777-200ERスペック

ジンエアーB777-200ERスペック
座席数 393席 シート JINI PLUS Seat / JINI Front Seat / JINI Seat / JINI EXIT Seat
全長 63.73m 全幅 60.93m
航続距離 12,610km 巡航速度 901km/hr

B737-800 (Scale = 1:400)

1998年初の運航を開始した最先端の航空機でB737シリーズの中で最も好評を受け、安全性が検証された航空機です。B737機種はすでに生産が中止された初期のクラシックモデル(100-500)と最先端の技術が適用されたNG(Next Generaion)モデル(600から900)で区別されて、その中でB737-800機種は100%デジタル技術が適用された最先端の航空機です。また、B737-800航空機は運航性能画期的な改善により、燃料効率の育成がすぐれて、排出ガスを最小化して、飛行中に騒音を大幅に減らした環境にやさしい的な航空機です。

ジンエアーB777-200ERスペック

ジンエアーB777-200ERスペック
座席数 180/183/189席 シート JINI PLUS Seat / JINI Front Seat / JINI Seat / JINI EXIT Seat
全長 39.50m 全幅 35.79m
航続距離 5,376km 巡航速度 836km/hr