フィリピン入国規定へのご案内: 韓国人の場合にはフィリピンに無ビザで30日まで滞留することができます。 ※ 往復航空券所持者に限ります。 (e-チケットを必ず持参) 30日以上滞在する場合には長期ビザを取得しなければなりません。 満15歳以下の子供は、父・母または委託された20歳以上の成人を同伴しなければ入国できません。 *親と同伴した児童の入国時には必ず英語の戸籍謄本を持参しなければなりません。 *親以外の他の成人が引導する場合 -必ず満20歳以上の成人が引率しなければなりません。 -児童委託要請書、児童及び委託人のパスポートの写本(入国時に必ず委託人が所持)を持参しなければなりません。-フィリピン入国時に3,120PHPの入国禁止免除費用WEG(Waiver Exclusion Ground)費用が賦課されます。 英語の戸籍謄本と委託要請書を含めたすべての書類上の名前は必ずパスポート上の名前と一致しなければなりません。スペリングSpelling)が間違った場合には有効な書類に認められませんので、この点をご注意ください。 ※委託要請書は、フィリピン大使館ホームページでダウンロードし必ず公証を受けなければなりません。 フィリピン観光税についてのご案内事項: フィリピン国籍の乗客及びフィリピンで1年以上滞在した外国人に限り、空港手続きでPHILPPINE TRAVEL TAXを徴収します。該当税金は空港所在のPTA(PHILIPPINE TOURISM AUTHORITY)デスクを通じて徴収され、徴収金額は次のようです。*EY/CLS:PHP 1,620(小児:PHP 810、幼児:免除) ※ ただし、小児や幼児の場合、割引や免除を受けるためには出国前に必ずフィリピン・マニラ所在の観光庁で証明書類を発給、提示してください。※PHILPPINE TRAVEL TAXに対する詳細な事項はwww.philtourism.gov.phサイトを参照して下さい。

確認 閉じる

アメリカ路線のご利用顧客のためのご案内事項: アメリカ交通安庁(TSA)は、事前保安検索のためにアメリカ路線を利用する全搭乗客のお名前、性別、生年月日情報を収集しています。 したがって予約するときはパスポート上の英文名前及び性別、生年月日情報を正確に記入しなければなりませんし、事前情報を入力しなかった場合には、当該航空便の搭乗が禁止される可能性があることを注意してください。 また、該当情報はアメリカ交通安全庁の個人情報政策によって関連情報機関などに提供されます。個人情報政策についてより詳しい情報が必要な場合、アメリカ交通安全庁サイト(www.tsa.gov)を参照してください。 ※Redress Number所持の搭乗客は事前にジンエアー顧客サービスセンター+82-1600-6200に連絡ください。 ※購入の完了後、予約照会を通じて旅券情報事項を記入してください。

確認 閉じる

アメリカ路線のご利用顧客のためのご案内事項: アメリカ交通安庁(TSA)は、事前保安検索のためにアメリカ路線を利用する全搭乗客のお名前、性別、生年月日情報を収集しています。 したがって予約するときはパスポート上の英文名前及び性別、生年月日情報を正確に記入しなければなりませんし、事前情報を入力しなかった場合には、当該航空便の搭乗が禁止される可能性があることを注意してください。 また、該当情報はアメリカ交通安全庁の個人情報政策によって関連情報機関などに提供されます。個人情報政策についてより詳しい情報が必要な場合、アメリカ交通安全庁サイト(www.tsa.gov)を参照してください。 [サイパンへ単独旅行する小児に関する規定]: 満18歳未満の未成年者が保護者無しに単独で旅行する場合、 公証された保護者(両親)の英文同意書が必要となります。必要な書類については在住の米国大使館/領事館にお問い合わせください。また、規定を遵守しない場合には入国拒否となる場合もございますのでご注意お願いします。*書類上に表記される氏名は必ずパスポート上と一致しなければなりません。つづりの間違いも認められませんのでご注意お願いします。※Redress Number所持の搭乗客は事前にジンエアー顧客サービスセンター+82-1600-6200に連絡ください。 ※購入の完了後、予約照会を通じて旅券情報事項を記入してください。 住韓米国大使館公証のご案内

確認 閉じる

保安確認 予約を続く場合は下の箱をチェックしてください。

닫기

航空券予約

ホテル予約